読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片面が透明フィルムで枠がある封筒を探してい

片面が透明フィルムで枠がある封筒を探しています。 サイズは角2かだいたいA4位の白い封筒で、フィルムの外側に細い枠があるものです。 片側がフィルムの封筒ならネット通販で見つかりましたが、枠があるものが売っていましたら教えて下さい。 どうぞ宜しくお願い申し上げます。

枠があると機械選別の際、ローラーに巻き込む恐れがあるので、そのような封筒は作られていないでしょう。

バイクのエンジン載せ替えについて エンジンを載せ替えるべく、ヤフオクで探しているのですが、2stはよく焼きついたなどと聞きますが、4stのエンジンも焼きつくことはあるのでしょうか?(どっちが壊れやすいということではなく)潤滑方式の違いで、乗りっぱなしでもオイルは減らない4stの方が焼きつくリスクは低いですよね?厳密にいうと多少消費すると思いますがそれは置いといて下さい。それから、水冷エンジンのウォータージャケットからのクーラント漏れはどうして起こるのでしょうか?アホが水道水入れるからですか?長くなりましたが、要するに私が聞きたいのは、放置車の4st水冷エンジンは低走行でもオイル上がりやオイル下がり、エンジンオイルへのクーラント混入、シール類の劣化は起こりうるのでしょうか?放置��

�なので、オイルとクーラントは入れたままとします。ちなみに30年ほど放置された低走行の2st空冷エンジンバイクをおこした時は、運が良かっただけかもしれませんがキャブの清掃だけでかかりました。レストア大好きな変…いや、尊敬すべき先輩方、ご教示下さい。

誰が変態やねん!しばくど。 まあ、4stの場合経験から言って普通にオイル交換さえされていれば焼き付まで起こすのは稀。交換がテキトーでも最低限必要量のオイルが入ってさえいれば。ただ、磨耗度はオイル管理の影響がやはり大きいので。 バルブステムシールについてはオイル管理、品質が勿論重要な気がするがオーバーヒートが一番影響が大きいと思う、ゴムだけに。ステムシールに限らず他のオイルシールやガスケット類も同様。また、これらは超長期放置ならば劣化はいたしかたない。 そして、冷却水の混入。コレはもう間違いなくオーバーヒート。ほとんどが過熱によりシリンダーヘッドが歪んだ結果面圧(ヘッド締め付け力)バランスが崩れ、ヘッドガスケットの薄い部分が吹き抜け、燃焼室に冷却水を吸い込んだ��

�オイルラインに混入するようになったり。ごく稀に設計上の問題で勝手にオイルラインと冷却水ラインの間が吹き抜けるのも有るが。水と油である以上何もしなけりゃ混ざりませんて。 まあ、中古エンジンユニット購入するのなら、OH前提ですな。または部品取り。ポンで使えたら、あなたは驚くべき強運の持ち主であると認定いたします。とはいえ、ミドルクラス以上のエンジンは比較的良質多し、さらに不人気車種用は高確率で良質の模様です。